キャッシングの基礎の基礎からみっちりと

キャッシングでの自転車操業はやめよう

キャッシングからお金を借りるとき、もっともやってはいけないのが「自転車操業式の借金」です。つまり、返済日が近いがお金がない。しょうがないからと返済に当てるお金をまた他所のキャッシング業者から借りることです。こうすると、結局借りる先が2箇所に増えてしまい、多重債務者になってしまいます。こうなる原因は、最初にキャッシングからお金を借りるにあたっての計画があまりに杜撰だったためです。

 

一度多重債務状態に陥ってしまうと、以降は雪だるま式に借り入れる先が増えていき、どんどん審査は通りにくくなるので、結局破産への道をまっしぐら、ということになってしまいます。こんな危険なキャッシングの利用法をするぐらいなら、最初に返済計画は綿密に立てておきましょう。それでもうまくいかないときはあるでしょうが、それでも、「おまとめローン」に移行するなどの対策を、現在では立てることができます。こういう方法を調べてみるなり、わからない場合は、弁護士なり司法書士なりに相談をすればいいのです。借金のために借金を重ねていくと、すべて一人で抱え込んでいくような状態になります。精神的にも追い込まれてしまい、自殺などの原因にもなりかねません。キャッシングとはそういう危険性をもっているものなのです。

キャッシングの明細書は必ず残す

キャッシングマシーンなどを使うことが多い最近の借り入れ事情ですが、ATMのような機械でありながら、キャッシングマシーンに通帳は存在しません。キャッシング業者側のコスト低減の目的もありますし、あまり目立つものが欲しくないという利用者の気持ちもあるためです。しかし、通帳がないということは、返済金などのコントロールがかなりしにくくなります。そこで、通帳の代わりとして、発行される明細はかならずまとめて保管しておきましょう。明細はすぐに捨ててしまうという人もいますが、とっておくべきです。なぜなら、まず、自分が現在、キャッシングからどれだけの借金をしており、どれだけ返済しているのかがすぐに確認できます。これが把握できないと、今後の計画が立てにくくなります。また、どうしても返済がうまくいかなくなった場合、弁護士や司法書士に相談する時の資料として、明細が必要になります。特に過払い金請求などは計算もシビアになりますから、あいまいな金額ではキャッシング業者との交渉になりません。もうひとつ、キャッシング業者の中には悪徳業者もいるのですが、それを見抜くための判断として、明細に書かれている数字が必要になる時もあります。いずれにしても、明細は保管しておき、あいまいな状態にならないようにしましょう。